振り返るよ2013年

ブログを読み返していると、去年の2月に2013年の目標として

1.フルマラソンで4時間半(サブ4.5)を切る

2.富士山に登る

3.弾き語りが出来るようになる

の三つを挙げていました。

結果発表〜♪ジャジャン!

そのうちの1.と2.を達成できました〜!

ということで、いかに本業以外に精を出していたかが判るという、ある意味かたじけない結果に(^^;)

サブ4.5は、ゲストランナーとして招待して頂いた2013年11月17日の神戸マラソンで、ネットタイム4時間24分10秒で達成!

富士山は世界遺産登録された後の8月11日〜12日に登頂!

ではでは、昨年レポートできなかった富士山登頂を振り返ってみましょう(^^;)

※わたくしの富士山持ち物※

・大きめバックパック(Gregory Jade 34)

・速乾性ウェア(綿製品は避けるがベター)

・ちゃんとした登山靴(私はSirioの)

・トレッキングポール2本(カーボン製の軽量タイプ)

・雨具上下(透湿防水の登山用。上は防寒着として着ていく)

・ヘッドライト

・コンパクトな携帯酸素2個(大きいのはかさばるので、Amazonで買った小さいの)

・フリースあったかネックウォーマー(山頂は激寒につき。耳当てにもなる)

・フリース(ユニクロの)

・薄手ダウンベスト

・手袋(ハイキングには必須)

・マスク(砂埃防止)

・サングラス(降り注ぐ紫外線防止)

・小銭(トイレは有料)

・食料、行動食(おにぎり、チョコ、グミ、ドライフルーツ、都こんぶ etc)

・水、経口保水液 500ml 3本

・ゲイター(小石や砂がシューズに入るのを防ぐ)

・携帯トイレとポンチョ(世界遺産登録で激混みで万が一トイレが使えなかった場合の為に)

・エマージェンシーシート(もしもの事態にくるまって体温を温存するため)

普段のハイキング装備に防寒着と携帯酸素、飲食物の量が増えたかんじです。

11日の昼に関西を自家用車で出発、夕方に新富士に着いて夕飯を食べ、富士宮ルートへのシャトルバスに乗り換え、富士宮ルート5合目からの出発が22時頃。高山病にならないようにゆっくりめに7時間ほどかけて登り、山頂でご来光を見て、山頂でカップラーメン食べてコーヒー飲んで即下山!といういわゆる弾丸登山です。数回富士登山を経験しているメンバーが弾丸で大丈夫、とプランを立てたのですが、体力にあまり自信のない方はなるべく避け、山小屋で一泊しましょう!

いつも一緒にハイキングしたりマラソン大会出たりしているメンバー含む5人でいざ、出発!ゆっくり身体を高度に慣らしながら行きます。ちなみに、夜は写真撮っても暗いので写真アップ少ないです。

夜登山、振り返れば麓の街の明かりがキラキラと綺麗。進む先には、登山客のヘッドライトの明かりが山頂に向かってずらり連なっています。えー!あんなところに登るのか〜?!って思うほど高く、上に上に光の列が昇っていきます。

その日は丁度ペルセウス流星群の見える日!みんな小休止時にはヘッドライトを消して、夜空を見上げては星に祈りを・・・。もちろん願うは「サマージャンボ3億円!!」あっちもこっちもそこら中「3億円!」コールが・・・思うこと一緒かいっ!(笑)

段差の激しい階段状の岩肌をバランスを崩さないようにうんしょこらしょと登っていきます。これはトレッキングポールがないと、正直かなりキツい・・・。富士登山の為に春先からジムで筋トレしていた(笑)ワタクシですが、これはなかなか手強い登りでした。

景色は暗くて見えないので、基本的にはひたすら足元だけを見て転ばないように黙々と登ります。それでも、ふと見上げる夜空の迫るような星空、振り返った時に見える下界の煌めきがグングン下に小さくなっていく様は、今まで経験したことのない風景で、心が震えました。

ちょくちょく休憩しては酸素を吸い、腹ごしらえもして、ご来光目指して登り続けます。ちなみに、立ち寄ったトイレ(もちろん有料)はめちゃめちゃ整備されていて綺麗でした!山小屋スタッフさんが料金を徴収し、空いたトイレに順に誘導してくれました。あんな山の上でトイレを綺麗に保つのはさぞかし大変でしょう。感謝しながら使います。

どんどん高度が上がるにつれ、いつも真上に見上げている星が、横に見える感じになってきました・・・。実際には星は宇宙にあるのだから、そんなはずはないんですけどね。でも本当に、星の配置の遠近感を水平に感じる風景でした。

登るにつれて、風はビュービュー吹き付けるは寒いは・・・。徐々にフリースを着て、ダウンベストを着て、耳当てをして、フードをすっぽり被る完全装備に。

登るにつれ、真夏なのにどんどん風が強く寒くなってきます。この完全防寒!(笑)

さっぶー!!完全防備!


隣は怪しさ満点のAちゃん。全く誰かわかりません!(笑)いかに寒いかおわかりいただけたでしょうかー?動いている時はいいのですが、何せ登山道が混雑しているので止まっている時間が多いのです。その間がさーむーいー!あと、強風が常に吹き付けるので、フードから髪の毛が出ていると鬱陶しいことこの上なし。耳当てにオールインです。色気なし。

止まったり、動いたりしながらジワジワと山頂を目指します。気持ち空が明るくなってきました!

長いので次回に続く・・・。

コメント / トラックバック3件

  1. こういち より:

    いいね!ボタン押そうと思ったけどありませんでした(笑)
    続編期待してまーす!

    • 千絵 より:

      こういち君、ありがと〜う!いいね!ボタン無くてごめん(笑)
      写真しか見てなかったもんね。
      道中はこんな感じだったよ。
      間もなく続編アップしまする。

  2. nobusun より:

    素晴らしいコメントいただき、ありがとうございました。

    富士山登頂を目指しております、若年寄の小生には、とても役に立つ情報でした。
    感謝致します。

    富士山登頂、ホノルルマラソン参加・・・と、夢を達成致したく、日々精進致します。

    ☆ 生かされている限り青春 ☆ → 小生のモットーです!!

    どうか、nobusun 頑張って下さいよ〜 (笑)